1つ前のページに戻る 戻る

令和2年度キャラバン・メイト養成研修について

2020 年 7 月 31 日

 県では、認知症に対する正しい理解や認知症の人に対する接し方を学び、認知症の方を温かく見守る「認知症サポーター」の養成講座の講師役である「キャラバン・メイト」の養成研修を実施しています。
 令和2年度養成研修の開催につきまして、以下のとおりお知らせします。なお、開催要項及び申込開始日等の詳細につきましては、8月下旬頃にアップしますので、御確認下さい。


【研修概要】
 1 主催
   山口県
 2 実施主体(申込先)
   公益社団法人 認知症の人と家族の会山口県支部
   (〒753-0813 山口市吉敷中東1-1-2)
 3 対象
   ①認知症介護指導者養成研修修了者  
②認知症介護実践リーダー(実務者・専門課程)研修修了者 
③介護相談員
④認知症の人を対象とする家族の会
⑤認知症に関する基本的な知識や介護経験等があり、上記に準ずると認められる者
     ・行政職員(保健師・一般職員等)
     ・地域包括支援センター職員
     ・介護従事者(ケアマネ、施設職員、在宅介護支援センター職員等)
     ・ 医療従事者(医師、看護師等)
     ・民生児童委員
     ・その他(ボランティア等)
   ※キャラバン・メイトとして、サポーター養成講座を年間10回程度を目安に(最低
    3回程度)開催し、原則としてボランティアの立場で行える者
 4 日時
   令和2年10月18日(日)
 5 会場
   山口県健康づくりセンター(山口市吉敷下東3-1-1)
   (※昨年度の開催会場から変更していますので注意してください)
 6 定員
   50名程度
 7 受講料
   無料
 
   

1つ前のページに戻る 戻る

このページの先頭へ