ダニ媒介感染症及び蚊媒介感染症の予防について

2016/03/28

 このことについて、マダニを感染源とする重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は平成25年以降、県内で14例の症例を確認しており、また、蚊を介する感染症としては、毎年国内発生のある日本脳炎や国外で流行しているジカ熱やデング熱の国内侵入も懸念されております。
 これからダニや蚊の活動時期を迎えることから、屋外行事を実施する場合は、ダニ及び蚊の予防対策について、万全を期していただきますようお願いします。


(1)ダニ媒介感染症について県環境保健センターホムペジ)
   http://kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp/jyoho/page9/dani_1.html
(2)蚊媒介感染症について
   http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15200/kansensyou/mosquito_control.html