生活保護法の指定について

2014/06/13

 生活保護を受けている方に対して介護の給付を行う場合は、生活保護法による指定を受ける必要がありますが、生活保護法の改正により、平成26年7月1日以降に介護保険法による指定を受けた事業所は、生活保護法による指定も受けたと見なされることとなります。
 ※生活保護法による指定が不要な場合は、山口県厚政課保護医療班に不要の旨を申し出ることとなります。

 平成26年6月以前に介護保険法による指定を受け、現在生活保護法による指定を受けていない事業所は、従前と同様、生活保護法による指定を申請する必要がありますので、ご注意ください。
 ※現在すでに生活保護法による指定を受けている事業所は、指定の効力が引き継がれますので、何もする必要はありません。